カナロコで紹介されました

2020年5月12日の神奈川新聞で当ギャラリー開設のためのクラウドファインディングが紹介されました

自宅でアート鑑賞を オンラインギャラリー開設へ資金募る

新型コロナウイルスの感染拡大で美術館や画廊などの営業自粛が続く中、インターネットでアート作品を公開する取り組みが動きだそうとしている。自宅で鑑賞気分が味わえる「オンラインギャラリー」で、主宰者はクラウドファンディング(CF)で開設資金を募っている。

 横浜・元町で40年以上続くすし店の2代目・田口竜太郎さん(43)は、すしを味わいながら絵画や立体作品などのアートを楽しむ「Gallery+Sushi三郎寿司あまね」を2018年に開業。店舗では、横浜に縁がある作家の作品を紹介し続けてきた。

—以上 画像・文章ともにカナロコより抜粋 –

記事のページへ

最新のお知らせお知らせ一覧