Anatoliy Anshin / 鎌倉・長谷寺のつくばい / アナトーリー・アンシン

Anatoliy Anshin / 鎌倉・長谷寺のつくばい / アナトーリー・アンシン
Anatoliy Anshin / 鎌倉・長谷寺のつくばい / アナトーリー・アンシン
写真

“額の寸法:65x55cm プリントの寸法:56x46cm
黒色のマットと額。
限定版25点、作家が署名した真正証明書付き。
【印画方法と印画紙の説明】
銀塩プリント。ギャラリーや博物館などの用途に特別に開発された、フジカラープロフェッショナルペーパー“MAXIMA”を使用。プリントで再現可能な色域が拡がり、最高濃度の表現が、優れたシャドーディテールを引き出して、美しく深みのある黒色を再現しています。作家の監修のもと、富士フィルムのプロラボで入念に仕上げられています。”

◎A4サイズ 額43×35cm プリントの寸法30×21cm 税込み100,000円もオーダーできます。ご希望の方は、お問い合わせください。

販売価格¥150,000(税込)

数量

在庫在庫有り

カテゴリー:アナトーリー・アンシン, 写真

アナトーリー・アンシン(写真家)

ロシア出身のアナトーリー・アンシン(Anatoliy Anshin)は、若い時から日本の伝統文化と歴史に魅了され、日本学を専攻したモスクワ大学を卒業後、留学生として来日。
日本歴史という分野で博士号を取得して、専門書と学術論文を世に出し、ロシアと韓国で大学教員を務めた。 17年日本に在住。
近年、研究や執筆活動に加えて、日本の自然と伝統文化を写真で表すことに挑んでおり、その活動を「写真」ではなく、視覚芸術というより広い領域に位置付けている(www.anshin.art)。